貯金崩すよりもキャッシング

キャッシングとは少額小口融資であり、一時的な出費に対しては非常に有効的です。どうしてもお金がない場合には借りるしかないです。
しかし、貯金があるならば基本的にはそちらを切り崩した方が良いです。
それは利息が発生するからです。
つまりは、どの道、返済するのであれば、貯金を使った方が利息の分を得することができると考えられるからです。
但し、例外がいくらかあります。それは定期貯金などです。
これは崩すのにそれなりに時間がかかります。急に必要になった時には使えないわけです。
そこでキャッシングが利用できるわけです。
すぐに返すことができる当てがあるならば、大した利息ではないです。
キャッシングと言うのは、即日で貸してくれるサービスになっています。
即座に必要な資金に対して、非常によい方法であるといえます。但し、あまり資金源として期待はしないほうがよいです。
あくまで借金ですし、よいサービスではありますが、利息も発生します。
最近では一週間は無利息などのキャンペーンをしていることもありますが、それでも借金は借金です。
いつでも利用できるようにカードを作っておく価値はありますが、頼り切るような状態になるのは避けたほうがよいです
参考:http://www.counselingforloss.com/